フィード
投稿
コメント

透明の色

 今年度予定をしていた、Kさんを招いた造形遊びが、3ヶ月遅れでようやく動き出しました。

 まずは、Kさんとの顔合わせということで、7月は、まずは5歳、次に4歳、最後に3歳と、ちょうど時を遡るかのように日程を組み、各回とも時間差をつけて、少人数でゆっくりと「色遊び」を楽しみました。時は違えど、この全員が同じ環境で、同じ活動に勤しむというのも、なかなか実験的で興味深い試みにもなりました。

 用意された長尺の和紙の上に、たっぷりの水で解いた、色鮮やかアクリル絵の具を、ポトンッ…と筆で落としてみることから始めます。霧吹きで先に和紙に水を含ませておくと、落とした場所から色がジワッと広がり、隣から押し寄せてきた色と重なり合って、そこにまた、別の色が浮き出てくるのです。

 この濁りのない、すっきりと感じる交じり合い方が、きっとアクリル絵の具の成せる技なのかな…と関心していると、その横で、筆にたっぷり含ませた色水が和紙に染み込み切らず、紙の傾斜と弛みに沿って、ツーっと筋を描いて流れる細長い筋模様を発見した男の子。(これも、化繊を織り込んで丈夫にした、今時の和紙を選んだ、専門家の視点を感じます。)
 すると今度は、紙の端にまで届いたその絵の具が、ポタポタと地面にこぼれ落ちる様子がまた面白いようで…ついには、容器から直接、絵の具を紙の上に垂らし、紙端から流れ落ちる色水を、別の容器で受けるという、私の想定を越える遊びへと変わっていきました。

 これは一見、「色遊び」が「水遊び」に転じていったようにも見え、もはやそれは造形遊びではない、と言われてしまいそうですが、果たしてこの両者の間に、どれだけの違いがあるのかと、考えこんでしまった私。前者の色遊びだって、滲みや流れ、筆跡といった液体ならではの特性を楽しんでいるわけで、「素材と戯れる」という点で、実は両者の間に、そんなに違いもないように思えたのです。
 そしてこれは、出来上がった「作品」にではなく、その活動プロセスにこそ意味があり、その人なりの素材との関わり方が、造形の本質なのかもしれない…そんな事を感じさせてくれた出来事でした。

 しかし一方で、色水の持つ「色彩」にも心揺らして欲しい…例えば今回の活動の意図は、そこにもあるわけです。ただこれは、その子にとって、水にまつわる一番目の関心事がまだ別にある限り、こちらの勝手な期待に目を移すことは、難しいことなのだろうなと思うのです。
 するとそこに、ある大切なことが見えてきます。それは、普段から、勝手気ままな水遊びを、存分に楽しんでおくことの重要性です。まずは「液体」ならではの性質を、五感を使って十分に味わっておく…そんな素地があれば、「こんなのもどう?」なんて投げかけに、「どれどれ」と気持ちを寄せる余裕も生まれてくるのかもしれません。
 だから、「遊び」は大事なのです。この乳幼児期は、五感を働かせながら、たわいもない遊びに夢中になる中で、この世を構成する一つ一つと出会い、生まれ出でた世界を知っていくのです。

 さて、3歳の様子はまた特別でした。
 まずは、Kさんが、透明の水を含ませた筆を、さっと和紙の上を真横に走らせて見せると、灰色がかった滲みが、まるで墨絵のようにじんわりと浮き出てきます。子どもたちが口々に「蛇だ!」と発する声を聞いて、その蛇の口先に、水滴を落としてみると…今度は「ネズミ!」。すると「ニャア、ニャア」とさらに発想を広げる子どもたち…導入で、こんな即興的なやり取りが続きました。
 そして、「じゃあ、みんなも!」と声がかかると、ピョンピョンと小刻みにジャンプを繰り返して高揚感を伝えてきます。この子たちにとっての造形とは、想像遊びや運動遊びとの境目すら、危ういものなのかもしれません。そういえば、ちょっとしたアクシデントから、紙の裏側に筆をあてても、描画できることを発見したのも、この子たちでした。

 5歳と3歳の間、外の仕事で顔を出せなかった4歳児の日。紙の上を這うように広がっていく絵の具の動きを「ブーンって広がる」と表現した子の話を、興味深げに伝えてくれた副園長。
 そしてたまたま、Kさんが無色の水で描いた線を見て、「透明の色、ちょうだい!」と絵の具を求めてきた子がいたそうです。早速これを、先ほどの3歳児との活動の導入に取り入れてみたとのこと。「こんな発見が、子どもたちと活動する醍醐味」と語ってくれました。

 どうやら、私たちが見ていた造形物とやらは、戯れの名残り…ただの痕跡…そんな気すらしてきたのでした。

(令和2年7月号 園だより「ひぐらし」より)

With チルドレン

〜 園だより「ひぐらし」6月号として

 登園自粛要請が解除されて、2週間が経ちました。まだ、いつもの8割ほどの子どもたちではありますが、園庭を飛び交う水しぶきが、初夏の日差しをはね返しながらキラキラと舞う…こんな賑わいが、やはり保育園には似合います。
 6月のスタートダッシュに一息つけば、比較的穏やかだったこの地域の3ヶ月を、また思い返してみたりしています。

 あの「遊びのレシピ」の動画配信を通して、まさか自分にユーチューバーデビュー (^-^)v なんて日が訪れようとは…これは、このコロナ禍が私の人生にもたらした事件でした。普段なら決して選ばない行動をしている自分に驚くことが、皆さんにも、あったのではないでしょうか。
 そして、そんなたわいもない出来事の傍を流れる平穏な日常こそが、私たちの行動の最大の効果。少し窮屈ではあったけれど、いつもと変わらぬ朝を迎えることが、私たちの成し遂げた大きな成果だったのだと、しみじみ思うのです。ただ一方でそれは、頭では理解はできても、少し実感しにくいものなのですが。
 何事も起こらない当たり前の毎日は、そうしたみんなの努力で作り出している状態…そうわかっていながらも、「とはいえ、そろそろ」なんて、また以前のように集まりたくなってしまうのですが、第2波、3波へと話題が移っていることを聞けば、まだ終わってはいない…ちょうど「出口の入口」辺りにいるのかなと、自分に言い聞かせてみるのです。

 確かに3密の避けられない保育園、「新しい生活様式」も少し馴染まない場所なのですが、だからと言って、この3ヶ月を無駄にしないためにも、社会の一員としても、開き直るわけにはいきません。
 矢継ぎ早に飛び込む行政からの通知、医療機関や学術団体から提示される知見、報道やネット上を飛び交う様々な情報、そういったものに聞き耳を立てながら、誰にも正解がわからぬ中で、私たちが選んだのは、「減密で濃密に」という方向性。この内容(今後の予定)については、既にお伝えしている通りです。

 この意味は、可能な範囲で3密を減らしつつも、子ども同士で過ごす通常の保育時間の枠の中は、生活のスタイル、遊びのスタイル、学びのスタイルを大きくは変えないということです。これは、「ウイルスの排出量の少ない子どもから子どもへの感染リスクは、大人から子どもへの感染リスクに比べて十分に小さい」という、主に医療系の学会・団体から聞く知見を拠り所にしています。
 そしてそれは、子どもたちの大人との接触機会を、日々の保育内容を支える保育者や外部講師などの特定の大人に絞っていくという考え方でもあります。これが「減密」です。

 今まで通りの、多くの家庭が一堂に会する機会は、しばらくはお預けとなり、寂しい思いはありますが、その分、私たちの力を、日々の保育活動の充実に注いでいくことができる…今は少し、頭を切り替えていくことも必要なのかもしれません。 
 参観のための規模の大きな特別な場を設定せずとも、大人の側が子どもたちの日頃の活動時間に合わせて、個別的に、あるいはクラスやグループごとに、時と場所をずらしながら、アクセスできるようにすること、小さな集いを園全体に散りばめていくこと…このコロナ対策で求められている方向性は、実は本来、この乳幼児期に相応しく、保育の場にとても馴染みやすい考え方であることにも、私たちは気づくのです(こうした分散型の参観も、夏を越えた辺りからなら、少しずつ…そうした期待を持っています。これも社会状況を見渡しながらですが。)。

 これが保育園でできる、また私たち保育者から提案したい「新しい保育園の生活様式」です。
 そして、そういった形が可能になっていく社会が、子どもたちの立場から見た「働き方改革」の一つの姿なのではないかなとも思うのです。
 だからと言って、今までの園行事のスタイルを、大きく変えるわけではありません。みんなでワイワイと交流することは、やはり楽しいものです!(今は…もうしばらく…我慢ですが。)
 
 外部講師との連携も、6月には運動遊び、7月から造形遊びも再開します。プール遊びも、空間的、時間的に分散を図りながら、いつも通りに楽しんでいくための準備を進めています。こうして、いつもと何も変わらない充実した保育の展開と、遊び環境充実を目指し、私たちは、最高の一年を作っていきますので、変わらぬ期待を寄せていただきたいと思っています。そう、これが「濃密」ということなのです。

 子どもたちの生活や活動の充実は、日常の保育時間の外側にある行事とは、全く別に存在します。確かにそういったものは、大人たちにとって、日常に彩りを添えるものかもしれませんが、子どもたちには、毎日出会う個別的な体験こそが本当に特別なものなのです。大規模なイベントがなくても、お子さんの経験の意味やその価値が少しでも届くよう、毎日の保育記録の掲示には力を入れていますので、そこから子どもたちの園生活を読み取っていただけたら、本当に嬉しい。
 大人たちのしばらくの我慢や、考え方や慣習の切り替えが、子どもたちの日常に大きな制限をかけることなく、充実した毎日と感染予防のバランスを取ることを可能にするのです。

 この3ヶ月を過ごしてみて、気づいたことがあります。それは、早く以前に戻したいこともあるけれど、戻す必要がないことも、この世の中には、あるのではないか…ということ。
 子どもたちの傍に身をかがめ、その見つめる先に視線を合わせていけば、それを、見つけていけるような…そんな気がするのです。

園長 折井 誠司

 遊びを詰め込んだ封筒、お手元に届いていますか?

 動画「遊びのレシピ」で紹介した遊びの中から、ピックアップをして届けします。

 動画の解説を参考にしながら、作って、飛ばして、動かして…楽しんでほしい。

材料セット
 #05「くるくるメガネ」
 #30「トントン相撲」
 #32「イカ飛行機」
 #37「はらぺこあおむし」

歌詞カード(まもなくカラオケVer.もアップされるとか!)
 #17「ウクレレ隊(1) 小さな世界+切り紙」
 #22「ウクレレ隊(2) 鯉のぼり+折り紙」
 #27「ウクレレ隊(3) 幸せなら手を叩こう+仕掛け絵本」

(#の番号は、動画タイトルに付した通し番号)

 自身で作るのはまだ難しくても、それに夢中になっている大人の手元を、ワクワクしながら覗き込んでいる、そんな姿が目に浮かぶ…。そして何より、出来上がった作品で一緒に遊んでほしいのです!

 そして、もし気が向いたら、作品画像を「遊びのギャラリー」へ…保育園にメール添付か、お知らせしているデータボックスへどうぞ。

 Stay Homeの人へ、Stay Seibiの人へ
 声を交わし合う日を…待ちわびながら。

それは、遊びの…

保護者のみなさんへ

準備期間を経て、いよいよ…

これから数日の間、じっと耳をすませていて下さい。

きっと何かが…起こるはず…

〜 園だより「ひぐらし」5月号として

 緊急事態宣言の後、登園自粛期間に入った翌日のこと。

 私たち職員のもとに、たくさんのお手製のマスクを届きました。在園家庭のおばあちゃんと、そのお友だちのご近所のお寿司屋の女将さん、お二人の労作。何十枚というその量にも圧倒されたのですが、その一つ一つが丁寧に包装され、サイズや宛名のシールまで施された、まるで売り物のような出来栄えなのです。

 ああでもないこうでもないとアイデアを交わしながら、楽しげに、でも真剣な眼差しで作業を進めるお二人の姿を想像して、一緒に元気もいただいたような気持ちになりました。

 そこに、

はじめての挑戦でしたので それぞれに個性がありますことを ご了承くださいませ。

 と始まる、1通の手紙が添えられていました。結びには、

必要な方に…必要なところに…届きますように

 と。そして紙面の上部に、青いペンで記されたタイトルが…「ふぞろいのマスクたち」。

 なるほど。

 このチャーミングで、少し懐かしいネーミングに思わず頬を緩めた私たち。そして、柄選びに気を取られている若手職員たちに、「この洒落、わかる?」と問うも、見返す表情には、「それが何か?」といった文字が。こうやって世代間の分断がさらに深まっていくのもまた、このコロナ禍というものでしょうか。

 (マスク、手袋、アルコールなど、他にも多くの方に寄付いただきました。この場を借りまして、深謝。)

 登園自粛期間に入り、平日の平均で2割ほどの出席率が続いています。つまり、登園している子どもたちも、他者との接触がほぼ8割減、同時に感染リスクも大きく低減できているはずです(これは私たち職員にとっても同様です。)。
 これは、保護者のみなさんが達成してくれたことなのです(けれど、ありがとうは言いません。(^_^)/ )。

 そして、出勤をせずに済んだ職員は、我が子を登園や学童通所させずに済みますので、次はその園や学童職員の出勤が減り、その子どもたちは3密を回避でき、結果、その子たちが通っていた施設も、3密が大きく低減されていくわけです。

 まるで「風が吹けば、桶屋が儲かる」ように、私たちはつながりあって、影響を与えあって生きていることを、今回ほど実感したことはありません。

 先日、まずは八王子市の登園自粛の延長が、続いて国の緊急事態宣言の延長が決定しました。やっとたどり着いたと思ったら、道はまだその先へと続いていた…そんな気分です。
 「感染拡大は緩やかに減速している」との説明を聞きながら、少し緩んでしまいそうな心を、次は一体何で奮い立たせていけばよいのでしょうか。

 そこで、私からみなさんに、投げかけたいことがあります。

 「ただただ、医療現場など最前線で頑張ってくれている人たちを支えるために」

 そう考えたら、私たちは、もう少し頑張れはしませんか。

 ことの事態はある意味では単純で…退院する人数より、入院して来る人数の方が、まだまだ多いというのです。ここを解消しない限り、医療従事者たちの困難は終わらないし、コロナによるこの危機は去らないのです。

 今は、メディアや通信技術の発達で、かつてより、ずっとたくさんの情報を手にできるようになりました。東日本の震災の時も、その生々しい惨状を様々な報道や映像を通して、私たちはそれを目の当たりにすることになりました。そして、その悲惨さ深刻さというものを、十分ではないにせよ、離れた場所に暮らしながら感じることができたように思います。

 しかし、今回一番の惨状であるはずの医療機関の内部の様子を、人の生き死にの現場を、克明に見聞きすることなどできるはずもありません。すぐそこの病院の中で起こっていることなのに、その深刻な状況や、従事する方々の奮闘や苦闘を垣間見ることが叶わない。なので、その危機感やその重圧を、私たちは中々思うように共有できないというのが、この災害の特殊性だと思うのです。

 だから、この爽やかな五月晴れに抱かれながら、一見穏やかに続く自粛生活の効果や、反対にそんなつもりもない私たちの身勝手な行動が、どんな惨状につながり、どんな影響を及ぼしているのかが、実感しにくいのです。
 そして、それがわかる瞬間というのは、いきなり当事者であるという点が、今回の怖いところ。

 だから今、私たちに本当に必要なのは、忍耐や我慢ではなくて…「想像力」なのではないでしょうか。医療機関を始めとした、私たちの生活の「安心(基盤)」を支えてくれている人たちの「今」は、実は私たちの行動としっかりとつながっていること、そして、私たちの行動の結果なのだということを、精一杯、想像してみてほしいのです。

 そして、そこで頑張ってくれている人たちを、保育園としてサポートできること、それも、私たち保育者の誇りなのです。

 だからもう少しだけ、Stay Home & Stay Seibi

 このコロナ禍とは関係なく、平時、世界では、毎日数千人の子どもが肺炎で命を落とし、毎日数千人の子どもが、感染症で命を落としています。毎日です。

 地球規模の格差によってアフリカ南部、南アジアなどに偏るこうした状況に対し、普段、一定の関心にとどまる先進国の首脳たち。それが、自分たちに問題が降りかかるやいなや、こんなにも顔色を変え懸命になるものなのか…今の各国の騒ぎを揶揄する声も聞こえてきます。

 このひと月は、私たちの「想像力」が試されるひと月です。

 この窓の向こうに広がる、抜けるような空の青さを、最前線で頑張ってくれている方々へ捧げます。それぞれが、それぞれの場所で、それぞれの思いで見上げる、私だけの空ではないけれど。

園長 折井 誠司

保護者のみなさん

みなさんの遊びの様子やメッセージを投稿できるページを用意しました!

造形作品、手遊び、ダンス、クッキング、お散歩…さらには遊びの様子やメッセージなど、なんでも構いません。
現在、好評?配信中の動画「遊びのレシピ」による作品も、見れたら嬉しい。

誠美お得意の「今の思いの表現」を、画像や動画で交換できたらと考えています。

後ほどアドレスを送信します。アドレスを知っていれば、アクセスできるページではあるので、そのことをご理解の上ご利用ください。

  • 不特定多数にアドレスは告知しないでくださいね。
  • ちょっと不慣れな方は、顔出しNG、ファーストネーム、ニックネーム、匿名も歓迎ですよ。
  • 動画も可能です。
  • 静止画で、手書きメッセージを撮影してくれてもいいかも。

はてさて、どんなページになっていくのか…それは、あなたのアイデア次第!

先週末のNHKスペシャル、見ていただけたでしょうか。(お子さんのいる中、この時間の捻出だって大変!?。)
私たちが、こんな繋がり方で、もう少し会わずにいることが、今、最前線で頑張ってくれている医療従事者の方々ためにできる、せめてものことかもしれない。

保護者の方の中にも、そして皆さんや私たち職員の家族にも、、、そんな頑張ってくれている人たちがいます。

番組にも出演されていた医師、今村顕史氏の放映後のツイートです。

生放送が終わりました。

時間の関係で伝えられたなかったのですが、実は最後のメッセージがありました。放送をみてくれた方々へ、そのメッセージを少し内容を加えてお伝えしたいと思います。

最前線で戦っているのは、医療者だけではありません。入院してきた患者さんの多くは、「自分がまさか」と思っていた人です。

みなさん1人1人も最前線にいる。それがパンデミックなのです。

我々は、この長いトンネルを抜ける最後の時まで、一人の命を救うために診療現場を守っていきます。

みなさんは、自分と身近な人の命を救う行動をとってください。一人一人ができることを考えてください。その中でも、協力しあうこと、助け合うこと、この大切なことを絶対に忘れないでください。

保護者のみなさん

プロジェクト第一弾。
登園自粛をしている在宅家庭に向けた、「遊び」をテーマに、お手製の動画配信をスタートさせます!

後ほど、アクセス先を一斉送信します。

もちろん、そんな動画コンテンツ、山のように見つかるはずですが、私たちが登場するだけで、ちょっと気分が変わりませんか?出会わなくても、なんだか、繋がっているような感じ…しませんか?

それをもっと感じたくて、本当は、ライブ配信!といきたいところだったのですが、決まった時刻に保育を離れる約束はできず、かといって、外出自粛の今、そのための人員を出勤させたら、本末転倒。

なので、そこは少し諦めて、隙間の時間で撮りためながら、動画を配信していくことと相成りました。様々な「遊び」や「食事」「保健」のレシピを、当園自慢の個性あふれる講師陣が、実演付きでお伝えしていきます。

ただでさえ、メディア漬けになりがちなこの自粛期間。
そこにまた、私たちが動画を重ねていくことに、実はかなりの葛藤はあるのです。でも、対面せずに繋がるための方法は、これ以外に、すぐには思いつかなくて。

だから、お願いがあります。

この動画の視聴は、できたら親子一緒に。

そして、ひと通りの視聴に満足したら、次はパソコンを閉じて、お互いの顔を見ながら、遊びを続けて欲しいのです。1日に何度となく、思い出したように、こんな遊びや活動に誘ってみて欲しいのです。

毎日、少しずつ動画を追加していくつもりです。
なので、動画の下に、ちょっとコメントでも残してくれたら、私たちも元気になります。

会わないことが、支え合うこと。
会わないために、繋がっていたい。

この大いなる矛盾と向き合う中で、これを、役立てて欲しい。

行動を変えるという力が

保護者のみなさん

先週の月曜日は、95名の登園があったのですが、緊急事態宣言を経て、先週末は39名までになりました。

けれど、「ありがとう」は言いません。(^_^)/

土曜日の夜、NHKの番組で、新型コロナウイルスの感染拡大阻止を担う「対策チーム」の苦闘を追った番組を見ました。それは、いつも政府や東京都等の記者会見でお見かけする、専門家の方々が、まさに今、果てなき戦いに挑んでいる姿でした。

総理の言葉にもあった「人と人との接触を8割減らす」という目標は、その対策チームの分析から導き出されたもの。このひと月、みんなでここを頑張れば、感染者数が激減するという試算なのです。

これは大人の場合、それが可能な職種であるなら、テレワークさえ実施できれば、それだけで、かなりの部分が達成されることなので、だから盛んにテレワークの要請があるのだとわかります。学生、そして子どもたちも同様なので、休校、登園自粛が必要なのです。

では「登園が必要な家庭」は、と考えると…当園の場合は、登園人数が、95名から39名に減りました。各クラスで平均的に同じ割合で減ったと考えれば、登園している子どもたちも、人との接触を、およそ6割減らせたということなのです!

これは、すごいことです。登園を自粛してくれている皆さんが、これを実現しているのです!

それでも、まだ2割足りない…

ここは、やはりみんなで目指していきたい。「私」ができること…小さなことでもいいから、行動を変えていくこと…そのプロセスが大事。いつも私たちが保育で大事にしていることと、何も変わらない。

それが、今、社会を維持するために、最前線で頑張ってくれている人たちを、支えることになるのだから。

「ここからは、地域の中で、なすべきことを考えていくこと」
対策チームのリーダー、押谷氏の言葉が印象に残りました。

(追伸)
再放送もあるようです。
4月16日(木)午前0:50~午前1:55(65分) (NHK総合1・東京)
NHKスペシャル▽新型コロナウイルス瀬戸際の攻防~感染拡大阻止最前線からの報告

緊急事態宣言の後で

園だより「ひぐらし」4月号 <後編>として

本日の登園人数、50%を切りました。
おかげさまで、3密が1.5密くらいにはなったでしょうか。

けれど、みなさんに、「ありがとう」は言いません。

だってそれは、保育園のために登園を自粛しているのではないのだから。子どもたちの、そしてその家族の、さらには地域の人たちの…「命」のために行動を起こしてくれたのだから。

おかげで、少しばかりスペースに余裕ができたので、子どもたちの昼食もそして午睡も、互いに距離をとって、過ごすことができるようになりました。これで-0.5密くらいは稼いだかな…残り1.0密。

さらに、お仕事やご家庭の調整をつけていただくうちに、だんだんと、もう少し小さな集団になっていくのかなと予想しています。

そして、医療、物流、対人支援、ライフライン、食品、販売などなど、今まさに最前線で奮闘してくれているご家庭が、当分の間、我が園の主人となってくれるのでしょう。

そんな、今だから…そうした「お休みできない家庭」を、私たちは精一杯応援していきたい。

だから、胸を張って、門の扉を開けてほしい…もう半分以上の家庭が、こうして、1.0密になるくらいには、子どもたちの環境を整えてくれている。

それでも職場へ向かう時は、まだ後ろ髪を引かれる思いだろうけれど、この場所は私たちに任せて、その代わり、今のこの状況を、まだ見えない出口へと、つないでいってもらえないだろうか。

だから、言わせてほしい…登園してくれて「ありがとう」

園長 折井 誠司

古い投稿 »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。