フィード
投稿
コメント

カテゴリー別アーカイブ 'らくがき'

芝生にまつわるエトセトラ

 台風一過、いつもよりちょっと涼しげに見える園庭。ここぞとばかりに、芝刈り機を出動させました。  いつも夕刻の、それもお隣の集合住宅の影が、園庭を覆い始める頃合いを狙うので、お迎えで行き合う家庭も、毎回、同じような家庭も […]

全文を読む »

依頼人との関係

 このひと月あまりの間、容器(ポット)の中で育ててきた芝苗を、とり(5歳児)の子どもたちと一緒に、芝の薄くなった箇所に植えていきました。実は、ひと月前に、ポットに苗を植えてくれたのも、とりの子どもたち。  円筒状の特殊な […]

全文を読む »

ボクの細道

 梅雨の季節と言えども、その合間に差し込む日差しは、もうすでに、夏光線。濃さを増した樹々の緑を背景に、くっきりとした濃い影が描き出す夏のコントラストに、園全体が包まれていきます。  そこへ、満を持してプールの組み立て、2 […]

全文を読む »

土と戯れて、令和

 薄緑色の新緑から活力をもらいながら、一年で一番爽やかな季節、元号の改まった五月を過ごしています。  親父の会のみなさんによる4月の畝作りを合図に、鉢に、プランターに、ビニール袋に…そして、畑、園庭デッキ前、2階テラス、 […]

全文を読む »

大げさに言うのなら

 まだコートが手放せないくらいの肌寒さを感じつつも、桜の開花と共に、今年度をスタートすることができました。  新入園のご家庭と一緒にスタートを切る、毎年のなかよし会(入園式)。そのほとんどが、0〜1歳児という時代になって […]

全文を読む »

アラサー超えの先へ

 年度の終わりと始まりが交差するこの季節。別れと出会い、寂しさと期待感…ちょうど三寒四温に揺さぶられるように、私たちの胸の内も、「しみじみ」と「ワクワク」を行き来しながら、少しせわしない年度末を転がっていきます。  今年 […]

全文を読む »

その時共和国へ、動いた

 うみぐみ(3歳児)の保育室に飛び込んだ時には、ちょうど担任が、絵本を読んでいる真っ最中でした。その日は、みんなで保育を観察する研究保育の日。  10人ほどの子どもたちが、熱心に聞き入っていたのですが、中には少し離れた場 […]

全文を読む »

3歳の憂鬱

 年越しにお迎えする歳神様は、正月が開けるまでの間、鏡餅の中に宿ると言われています。その鏡餅をお供えするために、年末に餅つきを行うものなのですが、地域のイベントを兼ねるようになった近年では、正に師走だからなのか、何となく […]

全文を読む »

表現しないという表現

幼児期や学童期も含め、保育・教育の世界にいると、絶えず、表現活動のあり方について考えさせられます。 運動会、作品展、発表会なども代表例なのですが、園生活を通した子どもと保護者の接点には、そのほとんどが「表現活動」を披露す […]

全文を読む »

秋とレイン棒

爽やかな秋晴れの日、落ち葉に覆われた園外へと出かけた、にじぐみ(1歳児クラス)の子どもたち。この年齢ならではの、子どもたちの姿を追ってみました。 見る・聞く 今月の題字の背景写真…みんなで飛び去る飛行機を見送っている姿な […]

全文を読む »

古い投稿 »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。