フィード
投稿
コメント

カテゴリー別アーカイブ 'らくがき'

表現しないという表現

幼児期や学童期も含め、保育・教育の世界にいると、絶えず、表現活動のあり方について考えさせられます。 運動会、作品展、発表会なども代表例なのですが、園生活を通した子どもと保護者の接点には、そのほとんどが「表現活動」を披露す […]

全文を読む »

秋とレイン棒

爽やかな秋晴れの日、落ち葉に覆われた園外へと出かけた、にじぐみ(1歳児クラス)の子どもたち。この年齢ならではの、子どもたちの姿を追ってみました。 見る・聞く 今月の題字の背景写真…みんなで飛び去る飛行機を見送っている姿な […]

全文を読む »

●ごと▲する■

かぜグループ(3〜5歳児)だけで実施する初めての運動会。(0〜2歳児のご家庭は、ぜひ応援に来てください!) 昨年までも、演目ごとに、子どもたちの選択やアイデアで構成するようなことはあったのですが、このせっかくのリニューア […]

全文を読む »

百花繚乱

はなぐみ(2歳児)の部屋へ入ると、そこにはせっせとそれぞれの遊びに勤しむ、朝の子どもたちの世界がありました。 百聞は一見にしかず…私がクラスを訪れた…たった2時間少しの間に、屋内外に、こんなにも咲き乱れたたくさんの「遊び […]

全文を読む »

夏の仲間と暮らして

この猛暑も、ちょうどお盆を越えた週末は、中休み。そこに流れ込んで来た秋の空気に乗って、園庭にもトンボが飛んでくるようになりました。毎年、このトンボたちの群舞が、誠美の夏の終わりと、秋の訪れを運んできてくれるのです。 しか […]

全文を読む »

今 何度? そうねだいたいね

連日の最高気温の記録更新。それを知ってか知らずか、おやつを食べ終わると、園庭に駆け出していく子どもたち。その後ろ姿と窓越しに広がる真っ青な空を交互に眺めながら…今日は、部屋で過ごすべきなのか…まさかこんなことを案じる時代 […]

全文を読む »

「園暮らし」が始まる

生えそろった芝生を掘り出して、細かくちぎって…子どもたちに手伝ってもらいながら、駐車場脇に芝生の苗床を作りました(下段の写真)。これを7月の下旬くらいまで育てて、土の露出した園庭に戻していこうという算段です。芝生の赤ちゃ […]

全文を読む »

園長保育

初夏の爽やかな風が、園庭を駆け抜けていきます。歳のせいか、真夏のあの湿った空気にいつ入れ替わってしまうのだろう、と少し先を案じている自分こそ、「その日暮らし」がなっていない。季節を問わず、毎日のように園庭に飛び出していく […]

全文を読む »

ひとつ屋根の下で

ようこそ、誠美保育園へ、そして新クラスへ。 先日のなかよし会(入園式)、開花の早かった桜の花も、この日を待っていてくれました。期待とちょっぴりの不安が入り混じる、このふわっとした春の空気を吸い込むと、この季節特有の高揚感 […]

全文を読む »

保育界の一番長い日

夜半の雨は想定外だった。夕刻からは雲が切れて、翌日から晴天が続くとの予報を信じていた。なので、卒園式の園庭での開催を決めていたからだ。 深夜ではあったが、翌早朝から、会場装飾のバルーン設置に取り掛かるI井氏に、ホール開催 […]

全文を読む »

古い投稿 »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。