フィード
投稿
コメント

カテゴリー別アーカイブ 'らくがき'

冬に編まれた物語

 今はもう、午睡のなくなっている5歳児たち。この冬、その女児たちのお気に入りが、副園長による編み物教室。給食が終わってひとごこちがついた頃、ガタガタと事務室の扉が開き、副園長を探す彼女たちの声が響くのです。  そして、ま […]

全文を読む »

そこで一句

 五七五の十七音、世界一短い詩の出来栄えで、才能のありなし、昇級を競って一喜一憂…隠れテレビっ子の私が、ついついチャンネルを止めてしまう番組。  いつもなら、テレビ画面を通して、大衆が求める姿を「演じる」芸能人たちが、結 […]

全文を読む »

紅い実の真実

 先日の少し暖かな雲ひとつない小春日和の日、にじぐみ(1歳児クラス)のお散歩のあとを追いました。この日は、職員間で他クラスの保育を観察した後に、語り合う研究保育の日。今回の対象クラスがにじぐみだったのでした。  二つのグ […]

全文を読む »

冬が来る前に

 毎年恒例、冬芝の種まきによる芝生の養生が終了。園庭オープンに合わせて、青空のもとで、秋の味覚を楽しもうと収穫祭を企画したのですが、当日は、あいにくの雨模様。あんなに晴天が続いていたのに、月末の予報はなぜだかスッキリしな […]

全文を読む »

ふるえる心をもつために

 何か変だぞと思いながら、わけの分からぬまま、暴風雨に振り回されながら過ごしている感のあるこの秋。  そして運動会は、台風の翌週であったにもかかわらず、相変わらずの天候不順で、お借りしていた宮上小の体育館での開催となりま […]

全文を読む »

色の置き場所

 ここ数年、9月になると出かける場所があります。それは、子どもに関係する仕事に携わるものたちが、あれこれと語り合う、小さな集まり。花壇に揺れる色鮮やかな花々と、そこから仰ぎ見る空の雲の流れに、私にとって毎年、秋の始まりを […]

全文を読む »

芝生にまつわるエトセトラ

 台風一過、いつもよりちょっと涼しげに見える園庭。ここぞとばかりに、芝刈り機を出動させました。  いつも夕刻の、それもお隣の集合住宅の影が、園庭を覆い始める頃合いを狙うので、お迎えで行き合う家庭も、毎回、同じような家庭も […]

全文を読む »

依頼人との関係

 このひと月あまりの間、容器(ポット)の中で育ててきた芝苗を、とり(5歳児)の子どもたちと一緒に、芝の薄くなった箇所に植えていきました。実は、ひと月前に、ポットに苗を植えてくれたのも、とりの子どもたち。  円筒状の特殊な […]

全文を読む »

ボクの細道

 梅雨の季節と言えども、その合間に差し込む日差しは、もうすでに、夏光線。濃さを増した樹々の緑を背景に、くっきりとした濃い影が描き出す夏のコントラストに、園全体が包まれていきます。  そこへ、満を持してプールの組み立て、2 […]

全文を読む »

土と戯れて、令和

 薄緑色の新緑から活力をもらいながら、一年で一番爽やかな季節、元号の改まった五月を過ごしています。  親父の会のみなさんによる4月の畝作りを合図に、鉢に、プランターに、ビニール袋に…そして、畑、園庭デッキ前、2階テラス、 […]

全文を読む »

古い投稿 »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。