フィード
投稿
コメント

緊急事態宣言の後で

園だより「ひぐらし」4月号 <後編>として

本日の登園人数、50%を切りました。
おかげさまで、3密が1.5密くらいにはなったでしょうか。

けれど、みなさんに、「ありがとう」は言いません。

だってそれは、保育園のために登園を自粛しているのではないのだから。子どもたちの、そしてその家族の、さらには地域の人たちの…「命」のために行動を起こしてくれたのだから。

おかげで、少しばかりスペースに余裕ができたので、子どもたちの昼食もそして午睡も、互いに距離をとって、過ごすことができるようになりました。これで-0.5密くらいは稼いだかな…残り1.0密。

さらに、お仕事やご家庭の調整をつけていただくうちに、だんだんと、もう少し小さな集団になっていくのかなと予想しています。

そして、医療、物流、対人支援、ライフライン、食品、販売などなど、今まさに最前線で奮闘してくれているご家庭が、当分の間、我が園の主人となってくれるのでしょう。

そんな、今だから…そうした「お休みできない家庭」を、私たちは精一杯応援していきたい。

だから、胸を張って、門の扉を開けてほしい…もう半分以上の家庭が、こうして、1.0密になるくらいには、子どもたちの環境を整えてくれている。

それでも職場へ向かう時は、まだ後ろ髪を引かれる思いだろうけれど、この場所は私たちに任せて、その代わり、今のこの状況を、まだ見えない出口へと、つないでいってもらえないだろうか。

だから、言わせてほしい…登園してくれて「ありがとう」

園長 折井 誠司

1通の返信 to “緊急事態宣言の後で”

返信する